クレジットカードの即日発行に必要な書類

クレジットカードの契約時は、必要になる書類があります。
書類の提出がなければ、クレジットカードは発行されません。
即日発行するさいは、契約に必要な書類を用意しておきましょう。

クレジットカードの即日発行時に必要となるのが、身分を証明するものです。
本人の名前、生年月日、住所などを証明できるものの提出を求められます。
運転免許証、健康保険証、パスポートが3大本人確認書類でしたが、マイナンバーカードも使えるようになりました。
いずれかを用意しておきましょう。
即日発行のクレジットカードの場合は、身分証明書は受取場所で提出をします。
忘れずに持参してください。

それから決済に使う金融機関の口座番号がわかるものが必要です。
預金通帳やキャッシュカードなどを用意しましょう。
クレジットカードは毎月支払日が決まっており、通常口座からの自動引落となります。
そのため決済口座が必ず必要となります。
口座登録が間に合わないと振込用紙などで支払いができる場合もありますが、自分で支払いに行かなければならず振込手数料も負担しなければなりません。
速やかに決済口座を登録する必要があります。

そして決済口座に使う金融機関への届け出印が必要になることもあります。
間違わずに持参するようにしてください。

クレジットカードの即日発行時は、基本的に以上のものを用意しておけば良いでしょう。
ただ場合によっては、収入証明書の提出を求められることがあります。
ショッピング枠だけなら不要なのですが、キャッシング枠が50万円以上のクレジットカードを発行するには必ず収入証明書を提出しなければなりません。
これは総量規制という法律に基づいた措置です。

クレジットカードの新規発行時は、それほど高い利用限度額はもらえません。
10万円くらいとなることが多いでしょう。
そのためキャッシング枠が50万円以上になることは少ないと思われます。
収入証明書なしとなることが多いでしょうが、一応覚えておいてください。
特に利用限度額が高くキャッシング枠が付きやすいACマスターカードや、キャッシング枠の付帯を強化しているセゾンカード・インターナショナルを即日発行するときは、収入証明書の提出が必要になるかもしれません。

必要な書類が揃わないために、即日発行ができなくなってしまうこともあります。
せっかく即日発行に対応しているクレジットカードを選んでも、意味がなくなってしまいまので注意をしてください。